• 竹の子書房を訪ねてみない? 『竹の子書房とは何か』

    電子書籍発行集団『竹の子書房』への リンクと解説です。

    画像クリックで特集記事へ
  • 電子書籍書庫です 『氷原公魚Archive』

    竹の子書房で刊行された氷原公魚関連書籍のご案内。

    画像クリックで特集記事へ
  • 破竹のナイトメアがよくわかる! 『破竹のナイトメア』

    竹の子書房で連続執筆中。
    社員名簿連動企画『破竹のナイトメア』特集。

    画像クリックで特集記事へ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Dr.wakasagi on --.--

電子画集考

Category : 駄考
私は物書きです。
絵は描けません。描けたらいいなと思いますが、残念ながらその素養がないようです。
練習してみたこともありますが、上達する気がまったくしませんでした。
でも、頭の中で情景を思い浮かべることは得意でしたので、代わりに文章で表現する方法を追求しました。
脳裏に浮かんだ光景を違和感なく文章で表現できるようになりますと、小説を書くことができるようになります。
絵が描けないから小説を書こうと思った。
小説を馬鹿にするつもりはありませんが、
このような経緯から物書きを目指した人は決して少数派ではないと思います。

さて、私のように絵が描けないから物書きを目指したという人間は、
本質的に挿絵の重要性を認識しているに違いないと考えます。
たとえば小説に、主人公を描いた挿絵をつけたとしましょう。
それだけで読者に、主人公はこんな容姿をしており、こんな服を着ているのだというイメージが生まれます。
しかもそれは絵という形で具現化されたので、全ての読者がイメージとして共有することができます。
このような効果を物書きが得ようとしても、絵描きさんには遠く及ばないでしょう。
描写力では、絵という情報に物書きが敵うはずはないのです。
物書きが絵描きより優れているのは、描写力ではなく構成力です。

絵描きと物書きは、その特性が違います。
よって小説と絵という形で複合すると、
相乗効果を発揮してより素晴らしいものが生まれるはず。

これは普遍的に多くの先人達が支持する意見であり、私もこの考えを支持しています。

しかし、絵は描写しかできないものというわけではありません。
まずはこちらをご覧戴きたい。

ご飯にはお漬物

こちらは我が盟友、井上神志さんの作品。
まあなんと冷んやりとしたパフェ……違ぃがぁぁぁぁうッ!!

もうおわかりでしょうが、根本的なトコで色々なものを間違えています(笑)

私はかねがね思っていました。
例えば竹の子書房で物書きが電子書籍を発行しようとする場合、
発行される電子書籍は紛れもなく『著者である物書き』の本だと思っています。
でも、絵描きが竹の子書房で発行する本のスタイルは、現在のところ『絵が先』シリーズしかありません。
この『絵が先』シリーズは絵描きがまずテーマとなる絵を発表し、
その絵をリスペクトする形で物書きが想起した物語をつけるというものです。
ですが、その本は純粋に『著者である絵描き』の本なのだろうか?
もちろん前段で申しましたように、
小説と絵という形で複合すると、
相乗効果を発揮してより素晴らしいものが生まれるはず。
このコンセプトが間違っているわけではない。

ですが、その本はやはり複合作品であって、絵描きの純粋な作品とは違うのではないでしょうか。
私は、より絵描きにとって攻撃的かつ積極的な電子書籍の展開があってもよいと思う。
ゆえに私はここに提案をさせて頂きたいと思います。

竹の子書房の新しいレーベルとして、
『電子画集』を作ろうじゃありませんか!


この提案をするに当たり、私の師匠である加藤AZUKI氏にもご意見を伺いました。
その結果として、
新レーベル『電子画集』の立ち上げは現在の竹の子書房でも充分に可能だという感触を得ました。
企画まとめなど、色々な意味で竹の子書房のために働いてくれている窓原壌のまとめがございます。
そちらをどうぞご参照ください。

竹の子書房から画集を出すための具体案

ただし、電子画集の場合はイラスト収録点数に限界があるという側面もあります。
よって私としては、特定の作家のイラストをただ収録しただけでは駄目で、
より娯楽性とテーマ性を兼ね備えた画集でなければ電子書籍として成立しないのではないかと考えています。
点数的にも美術館ではなく、画廊の感覚です。
枚数が限定される分だけ、テーマ性が重要ではないでしょうか。

これらを踏まえた上で、まずは井上さんの
『イノウエゴハン』シリーズを電子画集として成立させたい。
また、これを基本フォーマットとして電子画集シリーズを、
より攻撃的な竹の子書房画課の新しい展開として定着させたいと思います。

制作年(普通は年までですが、厳密に分かるなら日まで)、
使用画材(ツール、ソフト)、
初出/初掲載、
仏像写真などだと、現物写真/対抗頁か次頁に由来由縁や所蔵者、解説など。

加藤AZUKI師匠から提示されたこれらの諸情報を収録し、
作品見本としても使用できる電子画集を!
そういうものを是非作りたいのです。
関係各位には、何卒ご理解とご協力を戴ければ幸いです。

と、いうわけだから井上さん……
後顧の憂いなく存分に『イノウエゴハン』シリーズ描いてください(笑)
最後にテーマ性についての見本ということで、
『イノウエゴハン』シリーズから
海老の残酷焼きを一つ。


海老の残酷焼き

……どこまで残酷なんだ(笑)


(注)画像使用に際しましては、作者である井上神志さんの掲載許可を戴いています。

スポンサーサイト
Posted by Dr.wakasagi on 02.2012   3 comments   0 trackback

コラボレーション考

Category : 駄考
コラボレーション(英: collaboration)
共に働く、協力するの意味で、共演、合作、共同作業、利的協力を指す言葉。


竹の子書房の高田課長からお預かりしていたSF短編小説『スーパー・ウェディング』を、高田課長の許可を得まして当ブログ『わかさぎPack!』で展示させて頂くことになりました。
今まではあまり目につかない企画倉庫のほうで保管していたのですが、倉庫が一杯になりまして(笑)
『スーパー・ウェディング』は、拙作『君の目覚まし時計は音が大きすぎる』と対になる作品で、私と高田課長によるコラボレーション企画『スペース ハム+ハム』に収録予定です。
もっとも、電子書籍化するのは相当先の話になるでしょうが……他にもリリース待ちの原稿、たくさんございますので(汗)

しかし、ここで主張したいのはそういうことではありません。
つまり竹の子書房で原稿を書く大きなメリットとして、
コラボレーションを推進していきましょう! と、いうことが言いたいのですよ。

例えば原稿があったとして、これだけではただのテキスト文なわけです。
これを電子書籍化するのには、表装画ならびに挿絵をつけて下さる絵師のみなさんとのコラボレーション。
そして、誤字脱字の訂正および、場合によっては文章推敲を含む校正者とのコラボレーション。
レイアウトや組版など、編集者とのコラボレーション。
最後に電子書籍化した発表の場として、竹の子書房とのコラボレーション。
ざっと言って、普通に竹の子書房で電子書籍を発表するだけでこれだけの人の手を経由するわけです。

ですが、物書きと物書きとか、絵描きと絵描きによる組み合わせがもう少しあってもいいと思います。
たとえば、今回の企画『スペース ハム+ハム』のような―――

あるテーマを決めて、一緒にやってみたい人に声をかけ、
『やろうよやろうよ!』と遠慮なく声をかけるのにはそれなりの度胸が要りますので、
尻込みしてしまうケースもあるとは思いますが、
結果として普段扱わないテーマに踏み込むことによって見えてくる欠点と利点もあります。

例を挙げますと、今回の私の作品は弟子には不評だったんです。
「一人称は女性なんですが、たまに男の人(の視点)になってて、ちょっと堅い」
まあ私は男ですので、そこを指摘されると痛いと言わざるを得ませんね。
なにより弟子は女性なので、女性の気持ちは私より判っているはずです。
で、時間を置いてから数十回にわたり、私は原稿を読み返してみましたが、

訂正すべき箇所を一箇所も見出せませんでした。

誤解のないように言っておきますと、これは弟子の指摘が間違っているということではありません。
おそらく指摘はそのとおり。
ですが彼女の主張どおりにしようと試みると、おそらく文書構造そのものが崩壊するでしょう。
作品中において私が組みあげてきたのは、『主人公の女性らしさ』ではないと思うのです。
私が腐心したのは『死者の書を読んでいるということに読者が気がつくのを可能な限り遅らせる』というもので、その目的については概ね達成していると思われます。
(ただし、理想を言えば最終段階まで引っ張りたかったので、その点では実力不足)
つまり情緒的に失敗しており、技術的には成功しているというのが私自身による再評価です。
また、この作品は完全に確立しており、これ以上手を入れてもより駄作となるだけです。

SFという普段手をつけないテーマは、このような壁を私に提示してくれました。
また同時に、技術だけでもこの域までは引っ張れるのだという、表現限界についても知ることができたわけです。
これを成果といわずして、何を成果とするべきでしょうか。

今後もこのようなコラボレーション企画は、可能な限り推進していきたいと考えます。

Posted by Dr.wakasagi on 27.2012   0 comments   0 trackback

師弟考~弟子への手紙・そのに~

Category : 駄考

申し訳ありませんが、この手紙は非公開とさせて頂きます。


Posted by Dr.wakasagi on 28.2012   0 comments   0 trackback

師弟考~弟子への手紙・そのいち~

Category : 駄考
2012年6月3日夜、引退した小説書きである私に弟子が出来ました。
驚いたことに、弟子は若い女性です。
正直、小説のジャンルとしてもっとも技術的な部分を伝授しにくいと思われる『スラップスティック』(注1)使いの私が、弟子をとることになるとは考えたこともありませんでした。
また、弟子をとるつもりもありませんでした。
ましてや女性の弟子など、あり得ないことだろうと考えておりました。
なお、弟子が「女性」であることについて驚きを強調したのは、私が男尊女卑の信奉者だという訳ではなく、
女性は無意識のうちに文章を美麗に飾り立ててしまう傾向が強く、
それがスラップスティックの最大の特性である
とんでもない方向からの切り口

を覆い隠してしまう場合が多いと考えていたからです。
また、基本的に情景描写能力が高い、『文章が上手い』小説書きもこのジャンルには一般的に不向きです。
彼らの文章は構成がしっかりしており、脳裏にはその映像が具体的にイメージできるのですが、
スラップスティックには、
二人の剣豪によるシリアスな決闘のクライマックスに、
画面外から飛んできた生魚が二人の後頭部を直撃する

と、いうような物語の根幹をも破壊する思い切りの良さが必須であって、
完全に遊びのない完成された文章は、その条件を阻害してしまうのです。

かと言って、
それなら文章が下手なやつほどスラップスティックが書けるのか?
と、いうのもそれはやっぱり無理な話で、
とんでもない方向に刃を振るうスラップスティックこそ、
実は明確な異常状況を煙に巻くセンスが必要であって、

下手な物書きではあっという間に物語が破綻するだろうと私は考えます。

だから、私が弟子を取ることはあり得ないと考えていたのです。
こういう特殊な、
音楽のジャンルに例えれば『プログレッシブ・ロック』のようなこのジャンルで、
私の愛するスラップスティックを書け、なおかつその切り口が私が感心するほど破天荒で面白く、
それでいて、
『氷原先生は私のお師匠様です!』
などと真面目に言ってくれる、竹の子書房のホープと言ってもよい一番脂の乗った美味しいところ、
窓凛嬢という稀有な存在と出会わなければ、一生弟子など取らずに済むはずでした。

……かわいいよねぇ、窓凛は。
正直なところ、「氷原先生の弟子になれて羨ましいね」と彼女が誰かに言われるよりも、
「窓凛を弟子に出来て羨ましいなあ、氷原さんは」
と、私が誰かに言われるほうがずっと多いだろうと思うぞ(笑)。

彼女を弟子にしたいと思っている竹の子書房の物書きは、一人や二人じゃ済まないだろうからな。
だが、もう遅い。
楠原笑美より続く一門の由緒正しき『原』の一字を与えたからには、
また私と師弟の盃(注2)を交わすからには、
窓原凛という小説書きを、立派なスラップスティック書きにしてみたいものだと私は思う。
いや、それで別に商売として小説を書けというのではなく、
ただ単に、彼女の書いたもので私が腹を抱えて笑い、
「これは間違いなく私の弟子だ! 氷原が愛したスラップスティックだ!」
そのように私と、そして彼女がそう思えればそれで充分だと思う。

以前、彼女はこう言っていた。
「氷原さんの小説を読んで、
私でも書けるかも知れないと思って書いてみたら書けました」

うん、そうなんだ。そのとおりなんだ。
スラップスティックは、誰かに教わって書けるものじゃない。
状況をどのようにぶった切るか。
そのセンスがないヤツに、スラップスティックは書けんのだ。

「私でも書けるかも」と思うヤツはたくさんいるだろうが、
「書いてみたら書けました」というヤツはほとんどいない。ましてや、それが面白いのはほとんどあり得ない。
窓原凛には、そのセンスがある。
だが、すでに言ったようにセンスというのは教えて身につくものではないのだ。
だから私は、この弟子に私のスラップスティック哲学そのものをぶつけてやろうと思う。
その中から良いと思うものを拾いたまえ!

なお、この手紙は公開書簡とする。
この稿、長くなると思いますので伝えたいことがある限り断続的に続けます(注3)。


(注1) Slapstick
直訳すると叩く(スラップ)棒(スティック)。
もともとはアメリカの道化芝居で相手をひっぱたくときに使われた、先がふたつに割れた棒のこと。
(音は大きいがあまり痛くない、日本でいうハリセンみたいなもの)
体を使ったギャグ。ドタバタ喜劇などとも訳される。

(注2) 師弟の盃
最初、『師弟の契りを結ぶ』と書こうとしたが、言葉の響きが何かいやらしい感じがしたのでやめておいた。
女の子を弟子にとると、色々と気を遣う。

(注3) 長くなるので続けます
「楠原一門は弟子をとっても放りっぱなし」と私の師匠も私も言いましたが、
そういいつつ、実は私の師匠も私も、放りっぱなしにしておいたことなど一度たりともありません。

Posted by Dr.wakasagi on 06.2012   1 comments   0 trackback

久々の更新になってしまいつつSF小考

Category : 駄考
確か4月初めのコトだったと思うが、竹の子書房BL課の高田課長がスカイプチャットで声をかけてきた。
「氷原さん、一緒にSF書きましょうよ。本格的なヤツ!」
「いいねぇ。高田課長のSF小説と並べて一冊の電子書籍にして出したら面白いよねぇ」
ちょうど去年のクリスマス用に書き始めて、締切に間に合わなくて執筆休止中の小説が一本ある。
タイトルは『サンタクロースを撃墜せよ(仮)』というのだが、タイトルを言っただけで高田課長からクレームがついた。

「真面目なのやりましょうよ。ボカァ真面目なのがヤリたいんすよ」

……私の何処が不真面目だと言うのだ。
小一時間ほど正座させて説教食らわせたいと思ったが、拙作『適当帝国のいいかげんな最後』を読んだことがある高田課長にそういう誤解をされるのは仕方がないことかも知れない。
『サンタクロースを撃墜せよ(仮)』も真面目なSF小説なんだが、とりあえずコレは引っ込めた。

しかし、SFとは何なんだ?
と、いうことをそのせいで考えなくてはならないハメに私は陥ったのである。


宇宙船とか、それらしい用語を並べておけばそれはSFなのか?
いやいや、それは違うだろう。
じゃあ魅力的な人物描写で読者を引き込む努力をしてはどうか?
いやいや、それはSFでなくてもいいだろう。
と、いうことで何回も何回も書いては消し書いては消しを繰り返した結果、次のような結論に至った。

SFとは、
科学技術の発展した未来で起こると予想される現象を、
主観もしくは客観的視点で描写することではないのか。


以上の結論から類推するに、あらゆるジャンルの中でSFはもっとも映画的手法が必要になるものと考える。
SF的設定を違和感なく読者に刷り込ませるための工夫が必要になる。
すなわち小説描写においては、どの視点から描写するのかが重要になると思うのだ。
それはカメラを何処に設置するかということに通じる。
『君の目覚まし時計は音が大きすぎる』でも、私は何度もカメラを置きなおすことになった。
カメラの置き位置、つまり視点を間違えると全ての小説は台無しになる。
しかし、SFの場合はそれがさらに顕著に現れるのではないかとそういう気がした。
思わぬ収穫というヤツである。

Posted by Dr.wakasagi on 17.2012   0 comments   0 trackback

プロフィール

Dr.wakasagi

Author:Dr.wakasagi
氷原公魚と申します。
引退した物書きですが、電子書籍作家として絶賛復活中。
電子書籍製作集団『竹の子書房』
第一製作部ラノベ課に所属しております。

最新トラックバック

来場者数総計

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



全品無料の電子書籍、好評配信中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。