• 竹の子書房を訪ねてみない? 『竹の子書房とは何か』

    電子書籍発行集団『竹の子書房』への リンクと解説です。

    画像クリックで特集記事へ
  • 電子書籍書庫です 『氷原公魚Archive』

    竹の子書房で刊行された氷原公魚関連書籍のご案内。

    画像クリックで特集記事へ
  • 破竹のナイトメアがよくわかる! 『破竹のナイトメア』

    竹の子書房で連続執筆中。
    社員名簿連動企画『破竹のナイトメア』特集。

    画像クリックで特集記事へ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Dr.wakasagi on --.--

竹の子書房新刊~竹の子書房の約百冊

Category : 竹の子書房 新刊紹介
いかん、あまりにも更新をサボりすぎて広告を出してしまった。
んー、もう少し頻繁に更新したいなあ。
ですがやはりブログの更新というものは、
『きちんとした記事テーマ』があってこそ読む価値があるのであって、
更新のためだけに記事を書くのも違うと思うので、仕方がない部分もあるのではないかと言い訳してみる。

さて、そういうわけで久々の更新ですが、今回の記事は竹の子書房の新刊紹介です。
しかし厳密に言えば、この本……まだ出てないんですよ。
おまけに電子書籍じゃなくて、普通に手でめくって読む紙の本なんです。
タイトルは、『竹の子書房の約百冊』
これまで竹の子書房が発行してきた電子書籍の、総合カタログ本となっています。

コミックマーケットで頒布するため、限定200部刷ったそうです。
さすがに印刷費などかかっておりますので、いつもの電子書籍のように『無料』は無理でした。
ええと、一冊500円。
でも、それだけの手間隙かけた本なんですよう。お値段以上それ以上なんですよう。
プロがその技を駆使して作った、史上最強に大人げない同人刊行物なんですよう。

竹の子書房の約百冊(紙版通販画面)

まあ、紙の本でなくてもいいという方には、電子書籍版もございます。
そっちは無料ですから、是非お手元に一冊いかがでしょうか。
有料の紙版、無料の電子書籍版、どちらもオススメです。

竹の子書房の約百冊(電子書籍版)

スポンサーサイト
Posted by Dr.wakasagi on 16.2011   0 comments   0 trackback

プロフィール

Dr.wakasagi

Author:Dr.wakasagi
氷原公魚と申します。
引退した物書きですが、電子書籍作家として絶賛復活中。
電子書籍製作集団『竹の子書房』
第一製作部ラノベ課に所属しております。

最新トラックバック

来場者数総計

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



全品無料の電子書籍、好評配信中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。