• 竹の子書房を訪ねてみない? 『竹の子書房とは何か』

    電子書籍発行集団『竹の子書房』への リンクと解説です。

    画像クリックで特集記事へ
  • 電子書籍書庫です 『氷原公魚Archive』

    竹の子書房で刊行された氷原公魚関連書籍のご案内。

    画像クリックで特集記事へ
  • 破竹のナイトメアがよくわかる! 『破竹のナイトメア』

    竹の子書房で連続執筆中。
    社員名簿連動企画『破竹のナイトメア』特集。

    画像クリックで特集記事へ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Dr.wakasagi on --.--

電子画集考

Category : 駄考
私は物書きです。
絵は描けません。描けたらいいなと思いますが、残念ながらその素養がないようです。
練習してみたこともありますが、上達する気がまったくしませんでした。
でも、頭の中で情景を思い浮かべることは得意でしたので、代わりに文章で表現する方法を追求しました。
脳裏に浮かんだ光景を違和感なく文章で表現できるようになりますと、小説を書くことができるようになります。
絵が描けないから小説を書こうと思った。
小説を馬鹿にするつもりはありませんが、
このような経緯から物書きを目指した人は決して少数派ではないと思います。

さて、私のように絵が描けないから物書きを目指したという人間は、
本質的に挿絵の重要性を認識しているに違いないと考えます。
たとえば小説に、主人公を描いた挿絵をつけたとしましょう。
それだけで読者に、主人公はこんな容姿をしており、こんな服を着ているのだというイメージが生まれます。
しかもそれは絵という形で具現化されたので、全ての読者がイメージとして共有することができます。
このような効果を物書きが得ようとしても、絵描きさんには遠く及ばないでしょう。
描写力では、絵という情報に物書きが敵うはずはないのです。
物書きが絵描きより優れているのは、描写力ではなく構成力です。

絵描きと物書きは、その特性が違います。
よって小説と絵という形で複合すると、
相乗効果を発揮してより素晴らしいものが生まれるはず。

これは普遍的に多くの先人達が支持する意見であり、私もこの考えを支持しています。

しかし、絵は描写しかできないものというわけではありません。
まずはこちらをご覧戴きたい。

ご飯にはお漬物

こちらは我が盟友、井上神志さんの作品。
まあなんと冷んやりとしたパフェ……違ぃがぁぁぁぁうッ!!

もうおわかりでしょうが、根本的なトコで色々なものを間違えています(笑)

私はかねがね思っていました。
例えば竹の子書房で物書きが電子書籍を発行しようとする場合、
発行される電子書籍は紛れもなく『著者である物書き』の本だと思っています。
でも、絵描きが竹の子書房で発行する本のスタイルは、現在のところ『絵が先』シリーズしかありません。
この『絵が先』シリーズは絵描きがまずテーマとなる絵を発表し、
その絵をリスペクトする形で物書きが想起した物語をつけるというものです。
ですが、その本は純粋に『著者である絵描き』の本なのだろうか?
もちろん前段で申しましたように、
小説と絵という形で複合すると、
相乗効果を発揮してより素晴らしいものが生まれるはず。
このコンセプトが間違っているわけではない。

ですが、その本はやはり複合作品であって、絵描きの純粋な作品とは違うのではないでしょうか。
私は、より絵描きにとって攻撃的かつ積極的な電子書籍の展開があってもよいと思う。
ゆえに私はここに提案をさせて頂きたいと思います。

竹の子書房の新しいレーベルとして、
『電子画集』を作ろうじゃありませんか!


この提案をするに当たり、私の師匠である加藤AZUKI氏にもご意見を伺いました。
その結果として、
新レーベル『電子画集』の立ち上げは現在の竹の子書房でも充分に可能だという感触を得ました。
企画まとめなど、色々な意味で竹の子書房のために働いてくれている窓原壌のまとめがございます。
そちらをどうぞご参照ください。

竹の子書房から画集を出すための具体案

ただし、電子画集の場合はイラスト収録点数に限界があるという側面もあります。
よって私としては、特定の作家のイラストをただ収録しただけでは駄目で、
より娯楽性とテーマ性を兼ね備えた画集でなければ電子書籍として成立しないのではないかと考えています。
点数的にも美術館ではなく、画廊の感覚です。
枚数が限定される分だけ、テーマ性が重要ではないでしょうか。

これらを踏まえた上で、まずは井上さんの
『イノウエゴハン』シリーズを電子画集として成立させたい。
また、これを基本フォーマットとして電子画集シリーズを、
より攻撃的な竹の子書房画課の新しい展開として定着させたいと思います。

制作年(普通は年までですが、厳密に分かるなら日まで)、
使用画材(ツール、ソフト)、
初出/初掲載、
仏像写真などだと、現物写真/対抗頁か次頁に由来由縁や所蔵者、解説など。

加藤AZUKI師匠から提示されたこれらの諸情報を収録し、
作品見本としても使用できる電子画集を!
そういうものを是非作りたいのです。
関係各位には、何卒ご理解とご協力を戴ければ幸いです。

と、いうわけだから井上さん……
後顧の憂いなく存分に『イノウエゴハン』シリーズ描いてください(笑)
最後にテーマ性についての見本ということで、
『イノウエゴハン』シリーズから
海老の残酷焼きを一つ。


海老の残酷焼き

……どこまで残酷なんだ(笑)


(注)画像使用に際しましては、作者である井上神志さんの掲載許可を戴いています。

スポンサーサイト
Posted by Dr.wakasagi on 02.2012   3 comments   0 trackback

プロフィール

Dr.wakasagi

Author:Dr.wakasagi
氷原公魚と申します。
引退した物書きですが、電子書籍作家として絶賛復活中。
電子書籍製作集団『竹の子書房』
第一製作部ラノベ課に所属しております。

最新トラックバック

来場者数総計

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



全品無料の電子書籍、好評配信中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。