• 竹の子書房を訪ねてみない? 『竹の子書房とは何か』

    電子書籍発行集団『竹の子書房』への リンクと解説です。

    画像クリックで特集記事へ
  • 電子書籍書庫です 『氷原公魚Archive』

    竹の子書房で刊行された氷原公魚関連書籍のご案内。

    画像クリックで特集記事へ
  • 破竹のナイトメアがよくわかる! 『破竹のナイトメア』

    竹の子書房で連続執筆中。
    社員名簿連動企画『破竹のナイトメア』特集。

    画像クリックで特集記事へ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Dr.wakasagi on --.--

連続殺人~履歴(リレーショナルキラー)考

Category : 駄考
竹の子書房では集団執筆という形で、一つの作品を複数の作家が執筆する場合があります。
それらは竹の子書房の進捗表で管理されており、
作家は集団執筆中になっているそれらの企画に参加することができます。

で、そのなかでも特に私がお気に入りなのは──
連続殺人~履歴(リレーショナルキラー)です。

これはどういう企画なのかというと、
Twitterで執筆する連続殺人小説で、3tweetで1セッション。

1)自分のキャラの人となり、直前のキャラとの関係性を書く。
2)直前のキャラを殺さねばならない強い動機を書く。
3)殺し方、殺す様子、犯行時の心理を書く。


・被害者は必ず死ぬ。例外はない。殺人は確実に成功する。
・殺人者は必ず次のセッションの被害者になる。例外はない。
・殺人者は「物語内時間」で、【三日以内】に必ず殺される。
・オカルト・SFを含む超自然的設定/手段は無効。不死者はいない世界。例外はない。
・一度殺された人は二度殺せない(パラレルワールド禁止)。誰を殺すかは早い者勝ち。
・殺人者が二人以上いる場合(名前がある殺人者)は、その全員が次に殺される対象になる。
 同時に殺されても、別々に殺されても可。
 (でも、できるだけ集束して一人の殺人者に戻す努力はしてください(´・ω・`))
・動物による殺人は、飼い主(動物の所有者/管理者)・けしかけた人間に責が及ぶ。
・犯人は次の著者に殺されるまで死なない(自殺できない)。

悪意ある殺人者にも、正当防衛の被害者にも、密室殺人の成功者にも、気の毒で不幸な人にも、
かわいこちゃん(死語)にも、相手を死なせて生き残ってしまった者は、
必ず次のセッションで等しく被害者になる。

と、まあこーいう感じの殺しまくり企画。
私は大好きなんだ、こーゆうのが♫

で、この企画の第一幕が進捗表最上位に上がっていまして、
どうやらまもなく電子書籍化されそうな気配。
それを記念して、現在までに発表されている第36話まで(全100話)の統計資料を作ってみましたよお♫

~事件総被害者数
死者 36名+200余名 (230余名)

履歴分析

~凶器
直接的に加害者が殺害に使用した道具を主たる凶器とみなしています。
副次的に他の道具が使用された場合もあるため、被害者数とは一致しません。
みなさん工夫を凝らしているようで、珍しい凶器も色々とあるようです。
でも、何故か金槌率高いですね。
これは初期に町工場が舞台となったことで、そこの工員同士が殴りあった結果です(笑)
意外なことに縄とかネクタイとか、絞殺向きの凶器は少ないようです。
ポピュラーな殺し方だと思うのですが、派手さがなくて敬遠されているのでしょうか?

履歴分析

~死因
被害者の死亡状況と直接死因が同一でない場合は、死亡状況を優先表記しました。
同一死因で複数同時に死亡したケースもあるため、被害者数とは一致しません。
どうも竹の子書房では、殴って人を殺すのが一般的であるようですね。
そういえば、素手で応接机に叩きつけられてる被害者もいました。
その話は『履歴~外伝』で詳しく読めるみたいですよ。

履歴分析

~動機
仇討ちは肉親等が殺されたことに対する報復。
復讐は自分が不利益を被ったことに対する報復と定義しています。
同一動機で行われた殺人で複数同時に死亡したケースもあるため、被害者数とは一致しません。
やはり殺人というものは、
『人の道に反しているけれど、もう私にはこの道しか残されていないんだ!』という
妄信のようなものに突き動かされて起きるということでしょうか?
こうあらねばならないという目的のために殺人者となるケースが多かった気がします。
なお、その他の項目は薬物による錯乱や偶発事故などでした。

履歴分析

~犯罪事実
加害者は「物語内時間」で三日以内に被害者になってしまうルールですから、
事実上逮捕はされず、被疑者死亡のまま書類送検になってしまうのですよ。
それでも敢えて、
起訴された場合の罪状はどうなるのかを分析したのが上図。
うーむ。思ったより加害者は殺す気満々でした(笑)。

さあ、次は第37話めですよ!
被害者は過酷な戦場を行き抜いてきた傭兵です。
彼がどんな風に殺されるのか、とっても楽しみですねー♫

スポンサーサイト
Posted by Dr.wakasagi on 17.2011   2 comments   0 trackback

面白い企画ですね。
一人々々短く話を持ち寄るところよりも、その統計をまとめてみた部分に惹かれました。
火葬炉とか可動式書架とか、対地ミサイルだとか派手な凶器の数々は、想像する時に飲み物を口に含んでいなくて本当に良かったです(笑)。
2011.09.17 01:36 | URL | 上の空一助 #6hGz5mRM [edit]
『わかさぎPack!』にようこそ♪
そう言って頂けますと、苦労して統計作成した甲斐がございます。
37話以降もどんな意外な凶器が、珍しい死因が、理不尽な動機が出てくるのか私も楽しみにしております。
早く電子書籍化された第一幕が読みたいものです。
2011.09.18 17:43 | URL | Dr.wakasagi #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://wakasagipack.blog.fc2.com/tb.php/24-ae6849d3

プロフィール

Dr.wakasagi

Author:Dr.wakasagi
氷原公魚と申します。
引退した物書きですが、電子書籍作家として絶賛復活中。
電子書籍製作集団『竹の子書房』
第一製作部ラノベ課に所属しております。

最新トラックバック

来場者数総計

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



全品無料の電子書籍、好評配信中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。