FC2ブログ
  • 竹の子書房を訪ねてみない? 『竹の子書房とは何か』

    電子書籍発行集団『竹の子書房』への リンクと解説です。

    画像クリックで特集記事へ
  • 電子書籍書庫です 『氷原公魚Archive』

    竹の子書房で刊行された氷原公魚関連書籍のご案内。

    画像クリックで特集記事へ
  • 破竹のナイトメアがよくわかる! 『破竹のナイトメア』

    竹の子書房で連続執筆中。
    社員名簿連動企画『破竹のナイトメア』特集。

    画像クリックで特集記事へ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Dr.wakasagi on --.--

竹の子書房新刊~怪談百景 第二夜

Category : 竹の子書房 新刊紹介
好評の第一夜に続き、怪談百景第二夜がリリースです。
しかし、そもそも怪談百景第一夜についてご紹介しておりませんから、まずはそちらから。
第一夜は新刊ではないですけど。

怪談百景 第一夜

怪談百景は、ツイッター診断メーカーを利用した創作怪談集です。
もともと恋愛小説向けの三つのキーワードを出す「恋愛お題ったー」(作成:ハツミ様)を
ベースに発生した企画『恋愛百景』があったのですが、
「お題三つあれば他のジャンルでもイケませんかね? たとえば怪談とか」
という、私の無責任な一言から、
画課の近藤宗臣氏があっという間に表紙を書きあげてしまい、
さらには辛口の怪談批評で知られる逸匠冥帝氏が監修で、
サデスパー堀野氏が怪談ネタジェネレータ「怪談お題ったー」を作成してしまうという、
いかにも竹の子書房らしい本になりました。

で、今回新刊としてご紹介致しますのはこの続編~
怪談百景第二夜でございます。

怪談百景 第二夜

前回と比較すると、執筆者の技量が上がったのか創作怪談的に読み易くなりました。
百景シリーズは書き手の筆力を上げるという副作用があるんですよ。
そのせいかどうかは不明ですが、
お題をどう解釈するかという点で、大変興味深い「使用例」が見受けられます。
また、今回も表紙がまた素晴らしい!
このシリーズは第四夜で完結することが決まっておりますが、
近藤宗臣氏は百物語を意識して全ての表紙に蝋燭を立てています。
この蝋燭が誠に、鬼気迫る迫力を紡ぎ出しておるのです。
毎回表紙も楽しみでしてねぇ……。
もちろん、御代は無料なんでございますよ。

スポンサーサイト
Posted by Dr.wakasagi on 08.2011   0 comments   0 trackback


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://wakasagipack.blog.fc2.com/tb.php/28-429853a4

プロフィール

Dr.wakasagi

Author:Dr.wakasagi
氷原公魚と申します。
引退した物書きですが、電子書籍作家として絶賛復活中。
電子書籍製作集団『竹の子書房』
第一製作部ラノベ課に所属しております。

最新トラックバック

来場者数総計

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



全品無料の電子書籍、好評配信中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。