• 竹の子書房を訪ねてみない? 『竹の子書房とは何か』

    電子書籍発行集団『竹の子書房』への リンクと解説です。

    画像クリックで特集記事へ
  • 電子書籍書庫です 『氷原公魚Archive』

    竹の子書房で刊行された氷原公魚関連書籍のご案内。

    画像クリックで特集記事へ
  • 破竹のナイトメアがよくわかる! 『破竹のナイトメア』

    竹の子書房で連続執筆中。
    社員名簿連動企画『破竹のナイトメア』特集。

    画像クリックで特集記事へ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Dr.wakasagi on --.--

竹の子書房新刊~皆まで言うな

Category : 竹の子書房 新刊紹介
もっと早くご紹介するつもりだったんですが、遅くなってしまいました(汗)
その凄まじいほどの筆使いで、見事なテーマ性を見せつけてくれる天才・芳賀沼さら嬢。
そして、深い時代の闇を絶妙な筆使いで描き出す天才・黒実操嬢。
この二人によるタッグには、まさに無敵というべきものがあります。
文中に古典的表現が取り入れられており、それが若い読者にはちょっと難しいかも知れませんが、
まるで東京は神田の古書店で、見てはならない秘密の手紙を見つけてしまったような……
そんな不思議な感覚が味わえます。

皆まで言うな

本当にいいものですから、是非たくさんの方に読んで頂きたい。
黒実操嬢の作品には、今後もチェック必須です。

Posted by Dr.wakasagi on 21.2012   2 comments   0 trackback

師弟考~弟子への手紙・そのいち~

Category : 駄考
2012年6月3日夜、引退した小説書きである私に弟子が出来ました。
驚いたことに、弟子は若い女性です。
正直、小説のジャンルとしてもっとも技術的な部分を伝授しにくいと思われる『スラップスティック』(注1)使いの私が、弟子をとることになるとは考えたこともありませんでした。
また、弟子をとるつもりもありませんでした。
ましてや女性の弟子など、あり得ないことだろうと考えておりました。
なお、弟子が「女性」であることについて驚きを強調したのは、私が男尊女卑の信奉者だという訳ではなく、
女性は無意識のうちに文章を美麗に飾り立ててしまう傾向が強く、
それがスラップスティックの最大の特性である
とんでもない方向からの切り口

を覆い隠してしまう場合が多いと考えていたからです。
また、基本的に情景描写能力が高い、『文章が上手い』小説書きもこのジャンルには一般的に不向きです。
彼らの文章は構成がしっかりしており、脳裏にはその映像が具体的にイメージできるのですが、
スラップスティックには、
二人の剣豪によるシリアスな決闘のクライマックスに、
画面外から飛んできた生魚が二人の後頭部を直撃する

と、いうような物語の根幹をも破壊する思い切りの良さが必須であって、
完全に遊びのない完成された文章は、その条件を阻害してしまうのです。

かと言って、
それなら文章が下手なやつほどスラップスティックが書けるのか?
と、いうのもそれはやっぱり無理な話で、
とんでもない方向に刃を振るうスラップスティックこそ、
実は明確な異常状況を煙に巻くセンスが必要であって、

下手な物書きではあっという間に物語が破綻するだろうと私は考えます。

だから、私が弟子を取ることはあり得ないと考えていたのです。
こういう特殊な、
音楽のジャンルに例えれば『プログレッシブ・ロック』のようなこのジャンルで、
私の愛するスラップスティックを書け、なおかつその切り口が私が感心するほど破天荒で面白く、
それでいて、
『氷原先生は私のお師匠様です!』
などと真面目に言ってくれる、竹の子書房のホープと言ってもよい一番脂の乗った美味しいところ、
窓凛嬢という稀有な存在と出会わなければ、一生弟子など取らずに済むはずでした。

……かわいいよねぇ、窓凛は。
正直なところ、「氷原先生の弟子になれて羨ましいね」と彼女が誰かに言われるよりも、
「窓凛を弟子に出来て羨ましいなあ、氷原さんは」
と、私が誰かに言われるほうがずっと多いだろうと思うぞ(笑)。

彼女を弟子にしたいと思っている竹の子書房の物書きは、一人や二人じゃ済まないだろうからな。
だが、もう遅い。
楠原笑美より続く一門の由緒正しき『原』の一字を与えたからには、
また私と師弟の盃(注2)を交わすからには、
窓原凛という小説書きを、立派なスラップスティック書きにしてみたいものだと私は思う。
いや、それで別に商売として小説を書けというのではなく、
ただ単に、彼女の書いたもので私が腹を抱えて笑い、
「これは間違いなく私の弟子だ! 氷原が愛したスラップスティックだ!」
そのように私と、そして彼女がそう思えればそれで充分だと思う。

以前、彼女はこう言っていた。
「氷原さんの小説を読んで、
私でも書けるかも知れないと思って書いてみたら書けました」

うん、そうなんだ。そのとおりなんだ。
スラップスティックは、誰かに教わって書けるものじゃない。
状況をどのようにぶった切るか。
そのセンスがないヤツに、スラップスティックは書けんのだ。

「私でも書けるかも」と思うヤツはたくさんいるだろうが、
「書いてみたら書けました」というヤツはほとんどいない。ましてや、それが面白いのはほとんどあり得ない。
窓原凛には、そのセンスがある。
だが、すでに言ったようにセンスというのは教えて身につくものではないのだ。
だから私は、この弟子に私のスラップスティック哲学そのものをぶつけてやろうと思う。
その中から良いと思うものを拾いたまえ!

なお、この手紙は公開書簡とする。
この稿、長くなると思いますので伝えたいことがある限り断続的に続けます(注3)。


(注1) Slapstick
直訳すると叩く(スラップ)棒(スティック)。
もともとはアメリカの道化芝居で相手をひっぱたくときに使われた、先がふたつに割れた棒のこと。
(音は大きいがあまり痛くない、日本でいうハリセンみたいなもの)
体を使ったギャグ。ドタバタ喜劇などとも訳される。

(注2) 師弟の盃
最初、『師弟の契りを結ぶ』と書こうとしたが、言葉の響きが何かいやらしい感じがしたのでやめておいた。
女の子を弟子にとると、色々と気を遣う。

(注3) 長くなるので続けます
「楠原一門は弟子をとっても放りっぱなし」と私の師匠も私も言いましたが、
そういいつつ、実は私の師匠も私も、放りっぱなしにしておいたことなど一度たりともありません。

Posted by Dr.wakasagi on 06.2012   1 comments   0 trackback

久々の更新になってしまいつつSF小考

Category : 駄考
確か4月初めのコトだったと思うが、竹の子書房BL課の高田課長がスカイプチャットで声をかけてきた。
「氷原さん、一緒にSF書きましょうよ。本格的なヤツ!」
「いいねぇ。高田課長のSF小説と並べて一冊の電子書籍にして出したら面白いよねぇ」
ちょうど去年のクリスマス用に書き始めて、締切に間に合わなくて執筆休止中の小説が一本ある。
タイトルは『サンタクロースを撃墜せよ(仮)』というのだが、タイトルを言っただけで高田課長からクレームがついた。

「真面目なのやりましょうよ。ボカァ真面目なのがヤリたいんすよ」

……私の何処が不真面目だと言うのだ。
小一時間ほど正座させて説教食らわせたいと思ったが、拙作『適当帝国のいいかげんな最後』を読んだことがある高田課長にそういう誤解をされるのは仕方がないことかも知れない。
『サンタクロースを撃墜せよ(仮)』も真面目なSF小説なんだが、とりあえずコレは引っ込めた。

しかし、SFとは何なんだ?
と、いうことをそのせいで考えなくてはならないハメに私は陥ったのである。


宇宙船とか、それらしい用語を並べておけばそれはSFなのか?
いやいや、それは違うだろう。
じゃあ魅力的な人物描写で読者を引き込む努力をしてはどうか?
いやいや、それはSFでなくてもいいだろう。
と、いうことで何回も何回も書いては消し書いては消しを繰り返した結果、次のような結論に至った。

SFとは、
科学技術の発展した未来で起こると予想される現象を、
主観もしくは客観的視点で描写することではないのか。


以上の結論から類推するに、あらゆるジャンルの中でSFはもっとも映画的手法が必要になるものと考える。
SF的設定を違和感なく読者に刷り込ませるための工夫が必要になる。
すなわち小説描写においては、どの視点から描写するのかが重要になると思うのだ。
それはカメラを何処に設置するかということに通じる。
『君の目覚まし時計は音が大きすぎる』でも、私は何度もカメラを置きなおすことになった。
カメラの置き位置、つまり視点を間違えると全ての小説は台無しになる。
しかし、SFの場合はそれがさらに顕著に現れるのではないかとそういう気がした。
思わぬ収穫というヤツである。

Posted by Dr.wakasagi on 17.2012   0 comments   0 trackback

君の目覚まし時計は音が大きすぎる

Category : 小説展示
─ 編集情報 ─

 ▼2012年
 ▼竹の子書房 SF企画『スペース ハム+ハム』収録予定
 ▼小説 氷原公魚


君の目覚まし時計は音が大きすぎる

 椅子は六脚用意した。
 最初から大人数で乗船してきたりはしないと思う。
 船内環境が不明なのだし、人類にとって危険なウィルスが蔓延している可能性を考慮するのが当然だろうから。
 宇宙服着用の、少人数による事前調査。
 そうなるだろうから、六脚で充分足りると思う。
 椅子の前のテーブルには、六人分のティーカップ。
 それに、シリン星系産紅茶葉を用意した。
 シリン星系の紅茶は文字どおりの最高級品で、遺伝子操作をしていない本物の地球由来茶葉。私だって特等船室用のを、さっき生まれて初めて飲んだのよ。
 美味しかった。
 こんなことでもなかったら、一生飲む機会などなかった。
 一缶で、家が一軒買えるシロモノだったし。
 茶葉の芳醇な香りが飛んでしまわないか心配だけど、真空保存するんだから大丈夫よね? お湯を沸かす電気ポットも準備したし、水は豪華に自然水だし。
 濾過水じゃないのよ。一回も再生処理していない水なのよ。
 そのままだと減圧したとき蒸発してしまうから、私は気密容器に入れた上で三重に密封した。それでもお客様にご提供するときには完全に凍結しているだろうから、電源が回復したら自動的に電熱で氷が溶けるよう工夫してある。
 お砂糖も天然植物から精製した、超高級なお砂糖。
 紅茶に入れてもいいけど、舌の上にちょんと置いただけで、蕩けちゃうような極上品。これも特等船室から失敬してきたのよね。
 美味しかった。
 私の給料では、こんな高級砂糖はちょっと買えない。
 スプーンも特等乗客専用の銀食器。
 カップもソーサーも、恒星間豪華客船ルミナス号の名前に恥じない最高級品で揃えて完璧!
 と、言いたいところだけど一つだけ残念なのは、ミルクとレモンをご用意して差し上げられなかったことだ。
 本当は厨房に、最高級品の生乳もレモンもあったのに。
 それをお出ししたいところだけど、水分はさっきも言ったとおり減圧時に蒸発してしまう。だから牛乳を用意しても、お客様には顆粒状になった粉末しかご提供できない。
 水みたいに密封して蒸発を防ぐ方法もあるけど、賞味期限がとんでもないことになるのは目に見えていた。水と違って牛乳を殺菌処理したら美味しくないし、同じ理由でレモンのご提供も諦める。
 まあ、これは仕方がないわよね?
 それにここまでやれば、お客様達だって私達のサービスを受け入れて下さると思うの。
 思考を巡らせつつ、私は次々と仕事をこなしていく。
 時間は限られているのだから、手際よくやらないと。
 お客様達が乗船してくるのは、ブリッジに近いAデッキの非常用エアロックからだろう。正規搭乗口は頑丈だから開放に時間がかかるけど、非常用エアロックなら緊急開放コードを入力すれば開けられる。
 非常用エアロックの横にある給電端子に、電源ケーブルを接続すれば本船のコンピュータも機能回復するだろう。
 そうしたら基本登録情報の入手は難しくない。
 それに万が一、故障などによってコンピュータが機能回復しなくても、白銀に輝くルミナスの船殻には船名がしっかりと刻まれている。船名がわかれば記録を参照して、航宙管制局から緊急開放コードを入手する方法もあるだろう。
 あとはコードを打ち込むだけ。
 ドアを破壊しなくても、乗船できると思う。
「お客様をお迎えするのだから、お手数をお掛けしないようにしないと」
 それが豪華客船ルミナス号乗務員としての、私の誇り。
 非常用エアロックが開放されたら、回復した電源を使って、エアロックから私の部屋までの誘導案内灯が点灯するようにしておこう。
 同時に、このときのために使用しないでおいた備蓄空気を、誘導通路と私の部屋に給気するようプログラムしておく。
 だって、真空だと音が聞こえないもの。
 音は空気を伝わってくる振動。
 空気がないと、メッセージがお客様の耳に届かない。
 それにヘルメットを被ったままでは、私の用意した紅茶は飲めないだろうし。
 室内はお客様が乗船する直前まで船外と同じ気温になっているから、かなり寒い。電源回復と同時に暖房が入るようにセットしておくけど、少し時間が掛かるものね。
 私が紅茶を用意したのは部屋が暖まるまでの間、お客様に暖をとって戴こうという配慮でもあるのだ。
 我ながら完璧……いや、忘れてた。
 この部屋のドア開放操作をスイッチにして、部屋の照明を点けないと。そうしないと、部屋の中が真っ暗だわ。宇宙服を着て転ぶと、起き上がるのが大変なのよね。
 照明点灯のプログラミングを終えた私は、次にお客様向けのメッセージを録画することにした。
「ようこそ、おいで下さいました。私はクロエ・バゼーヌ。このルミナス号の一等航宙士です。本船は、フォマルハウト船籍の恒星間豪華客船で、建造年月日は宇宙歴三百四十二年五月二十一日。船籍番号『XE-XVVIOEUX』、総トン数は十二万八千トン。所属会社はスターライト汽船。船内環境は宇宙歴三百四十八年二月二十七日の段階で、検疫隔離を要する異常を認められません。気密に問題なければ、どうぞヘルメットをお脱ぎになって下さい」
 ここで録画を停止して、私はカメラ映りをチェックした。
 一等航宙士であることを示す、黒地に銀の縁取りが入った制服に皺ができていないかを確認する。この映像は事務的なものだけど、お客様には完璧な私をお見せしたいもの。後で銀河ネットワークで放送されるかも知れないんだし。
 うん、問題ないわね。
 自分でも素敵に凛々しく映ってると思う。
 自慢じゃないけど、私はこれでも結構モテる。Aデッキのメインエントランスを歩けば、凛とした私の制服姿に多くの紳士淑女が振り返ると言われるほどに。こんなことになるのなら、もっと大胆に恋愛とかしておくべきだったなあ……と、今さら後悔しても遅いけどね。
 あと、胸がもうちょっと大きければなあ。
 そうしたら完璧だったのに。
 おっといけない、盛大に目的航路を逸脱してしまった。
 お仕事しなきゃ。時間は貴重よ。
 録画を再開する。
「本来であればお客様の応接は船長のデュクロの仕事になるのですが、残念ながら現在は船内におりません。そのことについては、後でご説明させて頂きますわ。その前に、お客様には最優先で処理して欲しいお願いがあるのです」
 最初にそれをお客様にお伝えしなければ。
 まずはメッセージが再生されるのと同時に、ある申請書類がお客様の手に確実に渡るようにプログラミングしておく。
 書類は結婚申請書だ。
 これだけではお客様も意味がわからないと思うので、補足説明を加える。
「本船に乗船中の二等船客、ヨハンネス・フフティネン氏とその婚約者エッラ・ベルマン嬢が、結婚の手続きを求めています。ご理解頂けると思いますけれど、本船の詳しい状況を報告する前にこの手続きを行ってしまわなければ、この結婚は正式に認められないことになってしまいます」
 これがこのお願いの、もっとも重要な部分。
 すなわち二人の結婚申請は、死亡確認が行われる前に受理されなければならないということだ。
 死者では結婚はできない。
 だけどお客様達は、まだ現時点では二人の死亡を確認していない。つまり二人は行方不明者なのだから、書類さえ有効なら結婚は受理されるはずなのよ。
 これだけは、なんとしてでも受理して貰わなきゃ。
「―――切なる願いです」
 私はさらに強調した。
 本当なら二人は、次の寄港地である惑星ミーティスで式を挙げる予定だった。ミーティスは新郎の故郷で、二人は結婚のために苦しい生活の中でお金を工面し、比較的船賃の安い二等船客として乗船したのだ。
 二等の運送契約はほとんどが運送上の安全に関わるもので、お世辞にも上等とは言えない。目的地まで乗客を送り届けることだけを保証する、酸素があるだけ貨物室よりマシな程度の扱いだ。
 だけど、私達は目的地まで二人を送り届けられなかった。それすらも履行出来なかったのである。
 これは本当に残念。私は本船の最高責任者として、申し訳ない気持ちで一杯だった。
 いや、私だけじゃない。
 本船乗務員の全てが同じ気持ちのはずだ。
 だから多少強引でも、この書類は最優先処理して貰う。
 そう決めたんだ。
「申請書の様式が古いかも知れませんが、恒星間宇宙船では最新様式を揃えておくことは難しいのです。過去の事例から、お客様が配慮して下さればこの結婚申請は受理されると思います。どうかよろしくお願いします」
 カメラに向かって頭を下げる私。
 申請書類はデータとして引き出せるし、この船のアンテナからも発信できるようにしておいた。
 後はお客様のご好意に期待しよう。多分、なんとか上手く処理してくれるんじゃないかと私は思ってる。
 ちなみに二人は昨日、一等船客以上のお客様しか立ち入ることが許されないBデッキ後部プロムナードで式を挙げた。 列席者は、当船に残留した乗員乗客三百七十四名。
 数々の高級ホテルを渡り歩いた当船自慢の料理長が、自らの人生の全てを注いで料理を手がけ、専属契約の一流バンドが心を込めた素敵な音楽を奏で、たまたま乗船していた銀河最高の歌姫が美声を披露し、結婚式担当の営業支配人が自分の最高の仕事になったと涙を流すほどの、それは素晴らしい結婚式だった。
 その後、私はルミナス号乗務員を代表して二人にロイヤルスイートの鍵をプレゼントした。ロイヤルスイートの料金は私が十回破産するほど高価なので、こんなことがなかったら絶対無理なサービスだったけれど。
 でも、私が二人にしてあげられることはその程度。それがなんとも悔しくて、悲しくて仕方がない。
 最後に二人と会ったのは三時間ほど前だった。
 二人は式で着ていたタキシードとドレスのまま、ベッドで手を繋いで横になっていた。
 誰も二人の幸せを疑ったりはしないに違いない。
 あの幸せに溢れた寝顔を見た人ならば。
 そうだ。
 本船がこうなった経緯についても、説明しておかなければ。
 私は録画を再開する。
「本船が現在置かれている状況について説明します。宇宙歴三百四十八年二月二十二日十五時二十三分頃、テムレ亜空間ワープゲートを通過中の本船の右舷機関部に、付近で作業中だった起重機船が衝突しました」
 起重機船は第一ゲートの横に新設される第二ゲートの建造に使われていたのだろうが、爆発事故で安定を失って、よりにもよって亜空間に突入しつつあった本船に衝突したのだ。
 亜空間ワープゲートの発明によって、人類が恒星間航行を確立してから三百有余年。安全かつ機能的に空間を跳躍航行出来るようになったというのに、こんな大事故が起こるとは誰も想像していなかったに違いない。
 亜空間航法でもっとも大事なのは、船体重量の適切な管理。
 多少の重量増減なら、ワープアウトしたときの出現座標も大きくは狂わないのだが、本船の場合は―――
「起重機船がめり込んだまま本船は亜空間に突入し、亜空間内で右舷エンジンと起重機船が脱落しました」
 こんなもん、どうやって重量計算すんのよ!
 無理です出来ませんごめんなさい。
 もちろん計算など出来ようはずもなく、偶然と直感に乗員乗客二千八百四十二名の命を賭けて、それでも私はおおよその重量を推計して非常制動をかけた。
 通常空間に復帰出来ただけでも奇跡としか言いようがない。ヘタしたら永遠に亜空間に取り残されていただろう。
 だけど、奇跡はそこまでしか起きなかった。
 初めて見る天体位置。
 もっとも近い人類の居住する惑星まで二十四光年。
 星図に記載された正規航路までの距離、三光秒。
 この救命ポッドでもなんとか到達可能な、正規航路までの距離は却って問題を複雑化した。
「本船は亜空間生成機関を積んでいません。幸い左舷機関部に被害がありませんでしたが、通常航行でもっとも近い人類居住惑星に到達するためには、五十九年三ヶ月と七日が必要という計算結果が出ました」
 考えるまでもなかった。
 食料、水、酸素、燃料、全てが絶望的に足りない。
 この時点での死者、行方不明者は機関員八名と起重機船の乗員全員。だけど、いくら酸素を節約しても本船に残された乗員乗客の誰一人として生き残る術がないことを、私たちは瞬時に理解してしまった。
 遅かれ早かれ、私達は死者の列に加わるのだ。
 では、どう死ぬのか?
 私とデュクロ船長、それからルミナス号の運行に関与している高級船員が全員集まり、これから我々はどうすべきかという深刻で実りの少ない会議が行われる。
 でも、会議をあまり長引かせることは出来ないとデュクロ船長は言った。
「このまま時間だけを浪費していては、不安に耐え切れなくなった乗客が秩序を失う。僅かでも……ほんの僅かでも生還の望みがなくてはならないのだよ」
 神様。
 次の瞬間に船長の仰ったことを、私は忘れません。
「私は希望する乗客を募り、救命ポッドで正規航路に向かう。それで反乱の危険はなくなり、パゼーヌ君が提案するプランも実行しやすくなるだろう」
「―――船長、ですが正規航路を目指しても!」
「わかっている。救助される可能性は零だ」
 正規航路というのは、星図の上で目的地から目的地まで線を引っ張っただけの物に過ぎない。
 そもそも宇宙船は航路を航海しているのではなく、物理的に空間を湾曲させて通過しないことで、恒星間航行を可能にしているのだ。
 正規航路に向かったところで、そこを通る宇宙船など皆無なのである。
 おまけにその航路の総延長は、七光年に及ぶ。
 航宙管制局がめまぐるしく変化した本船の重量を計算することが出来たなら、もしかしたら本船の出現座標を割り出して救助船を向かわせることが出来たかも知れない。それなら、推定される出現座標から一番近い正規航路の近くを捜索してくれるかも知れない。
 でも、そんなことは無理。
 それは重量計算をした私が一番よく知っていた。
 せめて起重機船が右舷にめり込んだままだったら、あるいは救助が期待出来たかも知れないのに!
「二月二十四日十二時十分。本船搭載の全ての救命ポッド、三十二隻を正規航路に向けて射出しました。脱出を選択したのは、デュクロ船長を筆頭に乗員乗客二千四百六十名」
 私はコンソールを操作した。
 そのときの航宙図をお客様達が確実に手に入れられるよう、データとして提出可能な状態にするためだった。
「おそらくですが、お客様達の記録でも救命ポッドは一隻も収容されていないでしょう? そうだろうと思います。でも、このデータがあれば救命ポッドの現在の漂流位置が特定出来ると思います。収容してあげて下さい」
 私は、脱出した人々の最後を想った。
 おそらく全ての救命ポッドは、目的地点に到達しただろう。
 だけど救助はこない。
 やがて酸素が欠乏し、あの狭苦しいポッドの内壁を叩きながら、彼らは絶望したに違いない。
 やけになってエアロックを開けた者もいるだろう。
 その方法を選んだ者は酸欠で死んだ者より苦しまなかったかも知れないが、空気と一緒に宇宙空間に吸い出され、遺体は永遠に見つからないだろう。
 そして残って酸欠で死んでも、綺麗な死に方にはならない。救命ポッドには空気がある。だから遺体は、ポッド中で腐り果てているに違いなかった。
 私は、それが嫌だった。
 それだけは、どうしても嫌だった。
 どろどろに腐り果て、歯型や遺伝子で照合しようにも記録が失われ、身元不明として処理されるような目になるのだけは、絶対に嫌だった。
 だから、この方法を選んだのだ。
 ルミナス号に残留した乗客乗員は、全て私のプランに賛成してくれた人々だ。すなわち―――生きて帰れなくても、姿だけは綺麗なまま故郷に帰るのだ。
 船医は涙を流しながら、みんなのために薬を調合した。
「起きることを考えなくていい睡眠薬だからな。大丈夫、朝が来たって絶対に目は醒めないよ。苦しんだりなんてことは絶対ない。それだけは保証する」
 機関長は最後まで、機械油に塗れた姿だった。
「左舷エンジンのモスボーリング処理終了。グリース塗布を行って完全保存状態にしました。五十九年三ヶ月後だって、ちゃんとした機関士が開封作業すれば再起動出来るぞ。このルミナス号の白い柔肌に、減速用の外部エンジンを溶接などされたら機械屋の恥だからな!」
 そんなみんなも、もう眠ってしまった。
 このルミナス号でまだ起きているのは、もう私一人。
 私は顔を天井に向ける。
 涙が滲んだのは、照明が眩しすぎるせいよ。
 でも、やっと私の仕事も終わる。
 私は大きく背伸びをして、時計を見た。
 タイマーで減圧が開始されるまで、三時間ほどしか残されていない。右ポケットには、船医が調合してくれたカプセルが入っている。
 ルミナス号の進路は、もう何十回も計算した。
 間違いなく目的の座標に到達する。ほんの少しの計算ミスでも船は明後日の方向に行ってしまうけど、私はやるだけのことはしたはず。
 計算通りなら、およそ五十九年三ヶ月後に惑星フータクスの宇宙コロニー群のどれかが、ルミナス号を見つけてくれる。
 慣性飛行とはいえ充分な相対速度を持っているから危険だし、彼らは調査のために私達のところにやってくる。
 そして、私達を見つけてくれるに違いない。
 彼らがやってきたとき、ルミナス号の船内は全ての空気が抜かれて真空になっている。そこに眠る私達は、昨日死んだばかりのように綺麗なままで発見されるだろう。
 完全な真空保存。フリーズドライだ。
 半世紀の後、もう私達の愛する者が生きていないとしても、誰かゆかりのある者が私達のことを思い出してくれるだろう。もし家族の誰かがまだ生きていたなら、昨日死んだばかりのような私達の姿に、涙を流して「おかえりなさい」と言ってくれるだろう。
 私は、それだけを希望している。
 最後に目覚まし時計をセットして、私は寝室の扉を閉じた。
 そしてこの世で最後のお願いをした。
「どうか、この目覚ましのベルが誰かに届きますように」


 全ての記録を確認した私は、部屋の奥にある扉を見つめた。
 そこはたった今見たばかりの記録映像で、彼女がその姿を消した寝室に違いなかった。
 寝室の空気充填が開始されたようだ。
 空気が満ちてゆく。
 それと同時に、ゆっくりとその音は大きくなっていった。
 目覚ましが鳴っていた。
 おかえりなさい。
 クロエ・バセーヌ。君の目覚まし時計は音が大きすぎる。

   ―――第五十三フータクス・コロニー航宙管制部。
             先発調査員報告書より抜粋。


(了)
Posted by Dr.wakasagi on 17.2012

竹の子書房新刊~嘘つき曲馬団

Category : 竹の子書房 新刊紹介
やっと出た。そう申し上げていいでしょう。
女流文士・黒実操の『代表作』になるに違いないと謳われながら、
長く竹の子書房原稿庫内で死蔵されていた本作が、いよいよ刊行の運びとなりました。

筆者の黒実操は昭和二十四年、肺結核を病み逝去致しましたが、
平成二十二年冬に竹の子書房本社で、筍書房(竹の子書房の前身)時代の原稿保管金庫が発見され、
そこに黒実女史の草稿が入っていたのです。
草稿の保存状態は決して良いものではなかったそうですが、
竹の子書房校正課による修復作業により、ほぼ完全に原稿を再現することができました。
本作は当時の少年少女たちに向けた冒険娯楽怪奇推理小説であり、
現在であればおそらくライトノベルに分類されるに違いないという意見により、
竹の子書房のライトノベル・レーベルである、『ガッ!Q文庫』よりの発刊です。
原稿庫内には他にも、
サデスパア堀野なる人物による本書表装画と思われる絵や、
複数画家の挿絵も保管されていました。
これもコンピュータ処理により劣化していた色彩を修復することに成功し、
玉稿と合わせて世に刊行の運びとなったことは、竹の子書房社員として正に歓喜せずには居れません。

太平洋戦争敗戦による貧窮の中、それでも
「子供たちに夢と娯楽と芋を与えん」とサナトリウムでも筆と鍬を離さなかったという人物像は、
竹の子書房創業者、竹野正法翁の日記にも<クロミミズム>なる造語とともに遺されています。
私たちもこの精神を規範とし、創業の理念として永く後世に伝えていきたいものですね。

さて、文中には旧書体、旧カナ使い、旧文体が多く用いられています。
発刊の際に現代語訳にするべきではという意見もあったのですが、
「より当時の雰囲気を伝えたい」という、竹の子書房上層部の判断により現代語訳は発刊いたしません。
そのため、現代の少年少女たちには読みにくい漢字があるかも知れませんが、
こういうものは読めば読むほど、理解度と国語力が深まるものであります。
何度も読み返し、裏返し、ひっくり返し、穴が開くほど読んで、破瓜の痛みに耐え、本書の謎に迫り、
「ああそうだったのか!」と貴方の手が膝を打ったとき、
それが不遇の女流文士・黒実操へのなによりの手向けとなりましょう。

是非お読み頂きたい一冊です。

嘘つき曲馬団

Posted by Dr.wakasagi on 15.2012   2 comments   0 trackback

プロフィール

Dr.wakasagi

Author:Dr.wakasagi
氷原公魚と申します。
引退した物書きですが、電子書籍作家として絶賛復活中。
電子書籍製作集団『竹の子書房』
第一製作部ラノベ課に所属しております。

最新トラックバック

来場者数総計

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



全品無料の電子書籍、好評配信中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。